FC2ブログ
10 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12



はなだ 花子

Author:はなだ 花子
発達障害で不登校の息子(小太郎)のことを中心に車椅子生活の私(花子)や知的障害(兄)のことなど日常を綴っていきます。

(´・ω・`)ノ***同居家族***

   70代の会社員
  40代の知的障害者(A判定)、会社員
小太郎 H5年生まれの花子の息子
ワンコ パピヨンのお嬢様、一家のアイドル
   花子、身体障害者、車椅子使用
         このブログを書いている人



10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -





  • 09/08:花子

  • 02/22:セックス

  • 11/30:ふみごん

  • 09/20:花子

  • 09/20:ポンタさんへ

  • 09/20:花子





息子・小太郎のブログです
こたろう


このブログをリンクに追加する






この人とブロともになる



兄とのこと Ⅲ | トップ | 兄とのこと Ⅴ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | |





兄とのこと Ⅲ | トップ | 兄とのこと Ⅴ

兄とのこと Ⅳ
私の父という人は、お酒が大好きな人だった。

晩酌をする人で、たまに飲み過ぎる父を
母が注意すると怒鳴る人だった。

唯一、言うことを聞くのは私の言葉だけ。

母も飲み過ぎると私に父の見張りをさせていた。


酔って大声を出したりする父に兄が怒り、
もみ合いになって、コタツが壊れたりしたものだ。



父は「家族がいれば友達なんか要らない」
が口癖で、人が良くて融通がきかない…

人間関係が大の苦手の頑固な職人タイプだった。

お酒がかなり入らないと本音を話さない人で、
母はかなり酔った父を無視する人だったから…
いつも、父の本音を聞く役は娘の私だった。


父の口癖の中のひとつに…
「俺が死ぬ時は○(兄の名)も あの世に連れていく」
という台詞があった。

子供の頃から何度も聞いていた。

そして、次の台詞も決まっていて
「○(兄)がいたら○(私)に迷惑がかかるから」

涙を浮かべたり、時には泣きながら言う父。


小学生の私には嫌いな兄のことで複雑だったけれど、
父の涙ぐむ姿には勝てなかった。

「大丈夫だよ、お父さん。私が面倒みるから」

これを聞くと父は、頷きながら更に涙を流した。


お酒におぼれる父は好きではなかったけれど、
父の家族に対する気持ちは痛いくらい伝わっていた。
スポンサーサイト
知的障害の兄 | | Comment(0) |





コメント
コメント投稿する


  非公開コメント






,
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。