FC2ブログ
10 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12



はなだ 花子

Author:はなだ 花子
発達障害で不登校の息子(小太郎)のことを中心に車椅子生活の私(花子)や知的障害(兄)のことなど日常を綴っていきます。

(´・ω・`)ノ***同居家族***

   70代の会社員
  40代の知的障害者(A判定)、会社員
小太郎 H5年生まれの花子の息子
ワンコ パピヨンのお嬢様、一家のアイドル
   花子、身体障害者、車椅子使用
         このブログを書いている人



10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -





  • 09/08:花子

  • 02/22:セックス

  • 11/30:ふみごん

  • 09/20:花子

  • 09/20:ポンタさんへ

  • 09/20:花子





息子・小太郎のブログです
こたろう


このブログをリンクに追加する






この人とブロともになる



うちの母 | トップ | 母へ・・・

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | |





うちの母 | トップ | 母へ・・・

初・登校(?)
今日は中学校の授業中に、副教材を受け取るということで
小太郎と2人で担任の先生にお会いした。

GW前の約束で、副教材を受け取るという理由で、
本人の気が向いた日に学校に伺うという約束。


私が足が悪いせいもあるし、小太郎の様子をうかがう目的で
昇降口での受け渡しの予定だった。

まずは、制服は着ないでも良いので・・・という申し出に
普段着で、さりげなくの感じが良いかもと話し合った。


担任の先生は、「では、職員室と教室など案内するね」
と言う・・・内心「えっ???」と思った・・・

「教頭先生も、○○先生も、と・・・」と早口で話す。
小太郎は嫌とは言えない・・・「はい」と付いて中学校の中へ。

「お母さんはどうしますか?」・・・私が移動すると時間が・・・
先生は忙しそうだし、遠慮させてもらった。


なんとか、先生の早口も聞き取って、教室には行かないと
意思表示した小太郎。

案内の最後にも教室へと勧めたそうだけど、本人が断ったそう。


帰りの車で小太郎と「昇降口でチラッと会うだけ」と言って
連れて来た私は「ビックリしたねぇ~~」と言った。

予定の変更が苦手な小太郎にはキツかっただろうと思った。

「うん、コレ位の覚悟で来たけどね。こんな事かと思った」
と言ってのけたのには、内心驚いて、ちょっと感激(?)。。。

中学校に行く・行かないよりも、この気合(?)は安心材料かも。

でも・・・

後でよく考えてみたら、今まで、小学校時代もこんな感じの対応。
そっかぁ・・・
経験で学習(?)していたんだと、気がついた。

今日現在の小太郎の気持ち。
他の通学先に早く通いたいなぁ~だそうです。。。

ランキングに参加しています。バナークリックして頂けると励みになります♪
スポンサーサイト
不登校 | Trackback0 | Comment(4) |





トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hanadahanako.blog50.fc2.com/tb.php/29-2cd05deb



コメント
とんぼ |
デリカシーがないというか 教員の勝手なペースに無理やり持っていこうとする対応が嫌だね
スクールカウンセラーとか保健の先生も頼りにならないかな~
読んでてせつなくなったよ
何が一番大切か 誰の気持ちを大切にするのか 考えて欲しいよね 高い給料もらってんだから 全くなさけない…
2006/05/15 23:43:06 | [ EDIT ]



花子 |

なんだか、中学になってから難しいわぁ>_<
唯一、子供のことでは有名な精神科医がかかりつけだから
学校の先生に病院に連絡くれるように言って、と言って貰ってる
・・・それが安心材料かなぁ。。。
若い先生で良く分かってないのかもしれない・・・と言ってた。

特別支援担当の先生には、また会うし、カウンセラーの方にも
不登校児の親の会でお会いできるみたい。行ってみるつもり。

いつも気にかけてくれて、ありがとう。感謝してます。
2006/05/16 10:47:52 | [ EDIT ]



ふみごん |
こういう状況を知ると、子供たちが学校に行きたくないというのも当たり前に思ってしまいますよね。

学校は荒波で、その大海の中に、子供を放り出すような・・・。学校は場合によっては、社会より荒波かも!? 学校って、先生との関係の問題だけじゃないんですもん。友達関係の問題もあるし、個性とか関係なく誰でも一律に勉強や運動、行事を強いられたり、・・・。

いろんなストレスが多すぎるのでは???

それにしても、対応遅すぎ。配慮なさすぎ。何とかしてくれ~って感じですよね。せめて、こうしてみようと思っているとお母さんに前もって言ってくれれば、その時点で今はやめてほしいとか、要望言えたのに、ね。

でも、こたろうくん、自分で教室には行きたくないと言えたのは、すばらしい成長だと思います。パチパチ

でも、きっと学校の先生の中には理解ある先生がいてくださると私は信じています。そして、理解ある先生が世の中に広がって行ってくれると。でも、まだ先のことなのかもしれませんね。悲しい現実v-292
2006/05/16 11:34:59 | [ EDIT ]



花子 |

おはようございます♪
私も同感なのです。(といつも言っている気が/笑)

うちの子みたいな子は全部をほどほどにっていうのが大変なことで、本人も小4の不登校になった時のことを思い出すと苦しい事情を思い出せる様です。
自分が苦手で苦労していたこと、例えば楽器や体育の部分的なことなど。。。
彼には平均してやることは、とても重たいのですよね、精神的に参ってしまうほど、学校って辛い場所でもあったのです。

今は特別支援とは名ばかり・・・
と聞いているし、実感してるから、これからに期待したいけど、子供には今が大事だから・・・
やっぱり切ないです。。。

いつもコメントには励まされます、ありがとう(*´∇`*)
2006/05/17 04:56:00 | [ EDIT ]



コメント投稿する


  非公開コメント






,
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。